緑茶が持つがんを予防するという働きについて

茶と健康を考える上でガン予防という言葉がいまは話題になっています。茶と健康とがん予防。がんを予防してくれる成分がお茶には豊富に含まれていることがわかったのです。どのような成分がガンを予防してくれるのかここでは見て行きましょう。

緑茶にはガンを予防する効果が期待できる

緑茶は体に良いと言われているのですが、その中でもがん予防に働きかけてくれる効果が注目されています。緑茶が持っているがんを予防するための効果、それは日本のみならず現在世界でも注目されているのです。日本人の死亡原因の1位はなんだかご存知でしょうか?悪性新生物、つまりがんです。

日本人が死ぬ理由の一番ががんということになります。なぜこれだけガンの発症が増えているのか、戦前と比べてもあきらかにガンの発症数は増え続けています。

それは食生活が乱れていることや喫煙習慣など、生活習慣の変化がガンをもたらしているのではないかと言われています。

緑茶が作られている都道府県といえば1位は静岡県です。この静岡県では全国の数値と比べるとガンの発症率がとても低いことが分かっています。胃がんにおいては、特定の地域だけで見てみると5分の1も発症が少ないことが分かっているのです。

ですからお茶に関係している場所でガンの発症が低いということもあり、お茶にがん予防の効果があるのではないかと期待されているのです。

緑茶がもたらすがん予防の効果について

ではなぜ緑茶にはがんを予防する効果があるのでしょうか。それはお茶に含まれているカテキンに理由がありました。カテキンの中に含まれている作用の1つに、活性酸素消去作用というものがあります。

抗突然変異抑制作用という働きもあります。これら二つの働きが直接がんの発生を抑えているのではないかと言われているのです。詳しい原因や根拠はまだ分かっていないのですが、いまのところカテキンの成分が有力であると言われているのです。

緑茶の成分ががんの予防につながることは様々な研究でもあきらかにされつつあります。生活習慣病がもたらす悪い体への影響を、緑茶を飲むことによって解消させる方向へとつなげることができればいいでしょう。