お茶の苦味の成分であるカフェインの健康に与える影響は?

お茶の成分と聞けばカテキンと答える人が多いですが、カフェインも有名ですので知っている人も多いでしょう。カフェインに含まれている成分にも様々な効果がありあす。お茶の苦味の成分ですがどのような効果があり茶と健康に関係しているのでしょうか。

お茶の苦味の成分であるカフェインとはどのような成分なのか

カフェインは聞いたことがある人もきっと多いでしょう。コーヒーなどにも含まれているのでとても身近で摂取している成分と言えます。カフェインはお茶の苦い部分に関与している成分です。

お茶の葉の中に葉カフェインが含まれているのですが、茶期によって違いはそれほどないのですが、カテキン、テアニンと同じで若いお茶の葉には豊富に含まれていて、だんだん成熟すればするほどに芽が減ってきますので、若い芽のうちに摘んで作ったお茶にはカフェインが豊富に含まれていることになるのです。

例えば、玉露には160mgのカフェインが含まれているのですが、煎茶には20mgしか含まれていません。実は玉露が一番含まれていて、それ以外の煎茶、ほうじ茶、玄米茶、紅茶、烏龍茶はすべて20mg程度しか含まれていないのです。

コーヒーにも含まれているカフェインがもたらす効果

カフェインがではどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。カフェインがもたらす効果は知っている人も多いですが覚醒作用が1つ目にあります。

眠たいときにはカフェインを含んでいるお茶やコーヒーを飲むことで目が覚めるといった効果を実感したことがある人はきっと多いでしょう。そして疲労感を取り除き、眠気を除去する効果だけでなく集中力を高める、持久力を増やす効果もあります。

仕事中や勉強をするときに少し集中できないなと思ったらカフェインを摂取するためにお茶を飲むといいかもしれませんね。

またお酒を飲んでいつも二日酔いに悩まされている人は、二日酔いを予防する効果もカフェインにもありますので、お酒を飲む前に飲んだり、飲んだあとにカフェインを豊富に摂取することで二日酔いの予防につながるでしょう。

そして体の中に水分が蓄積されてむくんでしまうという人もいるかと思いますが、むくみを解消する利尿作用もあります。