お茶の旨味の成分であるテアニンが与える体への影響は?

茶と健康を考える上でお茶の成分を知ることはとても大事なことです。お茶の成分の中で渋み、苦味など色々とありますが旨味成分としてテアニンという成分があります。このテアニンの茶と健康への効果はどのような効果があるのでしょうか。

美味しいと感じるのはお茶に含まれるテアニンのおかげ

お茶を飲んで美味しいと感じる人は多いでしょう。この美味しいと感じる理由は、お茶の中に含まれているテアニンという成分のおかげです。テアニン、これはアミノ酸のことです。アミノ酸はお茶の旨みに関係する成分で、お茶の中に入っている成分のアミノ酸の中で半分以上がテアニンと言われています。

お茶の葉に含まれているアミノ酸ですがそれ以外にもグルタル酸、アスパラギン酸や、アルギニン、セリンといった体の中ではつくることができない必須アミノ酸も豊富に含まれています。

お茶を飲んで美味しいと感じるお茶の成分はこうしたアミノ酸と、有機酸、ポリフェノールといった複数の成分が入っているから美味しいと感じるようです。含まれるテアニンの量はそれぞれのお茶をいつ摘んだかという時期によって違いがあります。

例えばですが二番茶に比べると一番茶に多く含まれていて、一番茶の中でも初めのうちの若い芽にはたくさん含まれているという特徴があります。

体への良い影響を与えてくれるテアニンの作用とは?

テアニンは脳の神経細胞を守る働きがあります。細胞実験を実施してわかったのですが神経細胞を守ってくれることが研究結果でわかったのです。テアニンを飲んでから人の脳波を即手したところ、とてもリラックスすることも分かりました。

リラックスしたいと思ったときに、ちょっとブレイクタイムとしてお茶を飲むと良いと言えるでしょう。

テアニンはそれだけで摂取するというよりも、組み合わせて摂取したほうが良いと言われています。

例えばカフェインの作用で運動能力を上げることができるのですが、運動をすると老廃物が増えます。

老廃物が増えるとそれを代謝する成分が必要です。そこで役に立つのが今回のテアニンやアルギニンなのです。

これらを組み合わせれば体が疲労するのを予防することにつなげることができるのです。