お茶の中に含まれているビタミンがもたらしてくれる効果とは

茶と健康といえばカテキンやカフェインなどが主力成分と言えるのですが、お茶の中には体の中では作り出すことができないビタミンが豊富に含まれています。体の中で作れないビタミンをお茶から取り入れることで健康につながります。

体の中では生成できないビタミンがお茶には豊富

お茶の中に含まれている成分といえば色々とあるのですが、その中のビタミンは意外と含まれていることを知らない人が多いでしょう。

ビタミンは糖質、脂質、タンパク質、ミネラルと並んで五大栄養素の大事な構成要因ですが、ビタミン、これは必須栄養素の位置づけがあります。体の中で自分では作れないですから、必然的に、食べ物で取り入れなければいけないのです。

ビタミンは存在している種類が13種類あって、水に溶ける種類と油性の種類に分けられます。

人間の体はこれら全てのビタミンがなければバランスを保つことができず、どれか1種類でも不足したり欠けたりすると、様々な不調が起きてしまのです。

例えば痺れが出たり、疲労が蓄積されたりしてしまいます。お茶にはたくさんのビタミンが含まれているのですが、ほかの食品と比べるとその量は桁違いに豊富に含まれていると言われています。

ビタミンがもたらしてくれる体への効果について

ではお茶に豊富に含まれているビタミンは実際のところ体にどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ビタミンCといえば美容にも良いことがわかっていますが、コラーゲンの形成、抗酸化作用がありますので皮膚や体の内側の健康を維持することにつながります。ビタミンB2は、皮膚、粘膜の健康維持にこちらも働きかけてくれます。

葉酸。葉酸は赤ちゃんがお腹の中ですくすくと成長することにとても大きな影響を与えています。神経管閉鎖障害を予防することにつながりますし、動脈硬化の予防にもつながるのです。

ベータカロテンは夜の視力維持につながります。そして最後にビタミンEは抗酸化作用があります。

私たちの体にとって欠かせないビタミンがお茶の中には豊富に含まれており、体の中ではつくることができないのでお茶から日々取り入れることで、健康を考えることにもつながるでしょう。